アンネマリー・ボーリンド

4月からアンネマリー・ボーリンドの取り扱いがはじまりました。

オーガニックでありながら最先端技術の独自開発による天然由来の美容成分がふんだんに含まれた結果の出るラインナップは、本物の上質を求める大人の皆様のお眼鏡にもきっとかなうはず。

数多あるオーガニック認証のなかでも「効果が皮膚科学的に確証されている」という項目があるエココントロール認定を取得しています。
また、企業としては、倫理的、生態学的、社会的、経済的に持続可能な企業経営の証であるCSE認証 (Certified Sustainable Economics) を取得しています。

そんなアンネマリー・ボーリンドのエイジングケアラインと菌活ラインのアイテムをそろえ、肌の常在菌=肌フローラのバランスを整え肌環境を改善し肌の底力がアップしたところにエイジングケア成分をそそぎこむ新コース「フィト肌育エイジングケアフェイシャル」が誕生しました。
「フィトエステティク」カテゴリに加わります。

フィトエステティック


実はこのアンネマリー・ボーリンド、サロンをはじめてまもない頃、たぶん2006年ぐらい?に説明会に参加しているのです。

そのときは状況やタイミング、諸々の条件がマッチせずご縁を結ぶに至りませんでしたが、ブランドとしては気になっていて、導入サロンに施術を受けに行ったりしていたものでした。

あれから幾霜星。
昨年ある粧材を探していてたまたま見つけたのがアンネマリー・ボーリンドのアイテムでした。

あれ、購入しやすくなったんだ(以前は普通に購入できずなかなかハードルが高かった)、ラインナップもちょっと変わってる?とあらためて興味を持ち、調べていくうちに現在の代理店とコンタクトを取るようになり詳しい説明もうかがい、導入の検討がはじまったのが秋頃でした。

導入の検討というのは自分である程度の期間使用するということで、半年ほどホームケア用の組み合わせやコースにする場合を念頭においた組み合わせなどいろいろ試してみて、これは良い!と確信を得たのです。

なにが良いかというと、ずばり、エイジングケア!
なんというか、むっちりもっちりみっしりと内側から肌密度が上がる感覚(これ、クレンジングの時点で感じられます)がこれまで体感したことないもので、衝撃でした。

今使用しているものをそこなうことなく別の新たな価値を持つシリーズということで、新しいコースをつくることに決め、4月スタート目標ですすめてきました。

やっとお披露目できてなんだか感無量です。
フィトエステティクの新しい柱のひとつとして、これからどうぞよろしくお願いいたします。

※ 「フィト肌育エイジングケアフェイシャル」が「フィトエステティック」カテゴリに加わってコースがふたつになったので、これまでの「フィトエステティック」は「フィトアロマフェイシャル」に名称変更となりました。こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿者:

minako

梶原 美奈子 (カジワラ ミナコ) 英国IFA認定アロマセラピスト / IFA正会員 英国CIBTAC認定国際ライセンス(スキントリートメント、with Honours) AEAJ認定アロマセラピスト AEAJ認定アロマテラピーインストラクター 東京都品川区、五反田・島津山のオーガニック・アロマセラピー & フィトエステティックサロンmaroon(マルーン)のセラピスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください