緑濃き伊豆高原で食を満喫 2

緑濃き伊豆高原で食を満喫 1の続きです。


2日目。
ランチのお店はカタルーニャ料理のビストロくさむら。

kusamura_1

前日に続き、こちらも高原の中の一軒家で、個人の邸宅を改装されたような落ち着いたたたずまいです。

kusamura_3

木漏れ日が差し込む窓辺。

kusamura_2

ひとつひとつ選び抜かれた調度品、数は多いけど調和してひとつの空間を形作っています。

前菜ースープーメインーデザートのコースですが、

kusamura_4

室内にどーんと鎮座ましましているこちらに目を奪われ

kusamura_5

思わずハモン・セラーノを追加オーダー。

kusamura_6

前菜盛り合わせとあわせてこんなかんじ。お野菜は自家農園のものだとか。
パンも自家製で素朴な味わいでおいしい!
右側にちょろっと映り込んでいるのが夏みかんソーダ(自家製夏みかんシロップのソーダ割)、おいしかったので今年は夏みかんシロップ作ってみよう。

この後かぶ(これまた自家農園)のポタージュに続いてメインです。

メインはお肉とお魚から選べてこの日はお肉はたしか鹿(伊豆は鹿がいるんですよね)、お魚は地の魚介たっぷりのロメスコ、ロメスコはカタルーニャの郷土料理のソースで、こちらを使用した煮込み料理とのこと。この説明を聞けばここはやっぱりロメスコでしょう!

kusamura_7

食べでがある魚介どっさりで無口になる我々…当然ながら魚介の出汁が効いててとびきりのおいしさです。

畑で野菜がとれ山できのこや獣肉がとれ港に魚があがる、伊豆高原はすべて地のもので楽しめるというすばらしい土地ですね。そう、そしてフルーツも!

kusamura_8

デザートも本格的でまるで専任のパティシエがいるかのよう。厨房はシェフお一人のご様子だったのですがお一人ですべてまかなっているのでしょうか。

華美なラグジュアリーさや最先端のあれこれではなく、本質を追求し本当に良いもの・ことを提供したい、それも自分の目の届く規模で、というお店の思いを感じたような気がします。
わたしもそんな思いでサロンをやってますから!とひとり勝手に胸を熱くするのでした。

BISTROTquechamplà(ビストロくさむら)
http://josocnobuta.wix.com/bistrotquechampla1


大満足ランチの後は城ヶ崎へ足を伸ばしました。

jyogasaki_1

岩肌を波が洗いしぶきが上がります。海の色が濃い!

jyogasaki_2

jyogasaki_3

緑も鮮やかで、海とのコントラストがきれい。

お天気にも恵まれ、良い小旅行でした。

投稿者:

minako

梶原 美奈子 (カジワラ ミナコ) 英国IFA認定アロマセラピスト / IFA正会員 英国CIBTAC認定国際ライセンス(スキントリートメント、with Honours) AEAJ認定アロマセラピスト AEAJ認定アロマテラピーインストラクター 東京都品川区、五反田・島津山のオーガニック・アロマセラピー & フィトエステティックサロンmaroon(マルーン)のセラピスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください