yuicaのセミナーでリラックスについて考える

yuicaブランドの正プラス株式会社さん主催の
「日本産アロマの現在と未来・文化と科学」〜日本産アロマの最先端についての総合講座〜
と題されたセミナーに行ってきました。

展示の数々。

yuicaブランドは以前から見てきていますが、最近はほんとに店頭で見る機会も多くなりました。
そして今や精油だけでなく化粧品やグルーミング用品などどんどん商品が増えていっています。

稲本代表のお話、yuicaスペシャリスト(yuicaの最上級資格者なのだそう)の方々の活動報告の後、少々のブレイクをはさんで杏林大学精神神経科の古賀良彦教授の研究発表という流れでしたが、古賀先生の発表が大変興味深かった。

ものすごーくざっくりいうと、yuicaの精油を用いたリラックス度合いの測定実験をおこなったところ、被験者の体感としての「リラックス」と脳波の数値的な「リラックス」が必ずしも一致をみなかったという結果だったとのことなのです。

これまでアロマの研究で「リラックス」を測るエビデンスとして用いられてきた数値の意味はいったい?
他にも「リラックス」を測るものさしがあるのでは?
そして「リラックス」って本当のところ、いったいなにをもって「リラックス」なのか?

いろいろ考えさせられました。

資料やパンフレットをたくさんいただきました。
封筒にクロモジの小枝が!素敵な演出ですね。

名古屋・伊勢志摩 自然療法の旅 3

前回からの続きです。

名古屋・伊勢志摩 自然療法の旅 2

名古屋・伊勢志摩 自然療法の旅 1


タラサ志摩に到着後受付へ。

いきなりアートにお出迎えされます。

タラサ志摩は現在アールビバンの傘下なのでラッセンばかりなのかと思ってましたがそんなことはなく、有名アーティストの作品が所々に配置されています。

これとか。


受付を済ませた後はランチを予約しているフレンチレストラン「ルミエール」へ向かいます。
お魚メインのヘルシーコースとのこと。

窓辺の席で素晴らしい景色を堪能しながらお食事がスタート。

あおさのパンが特に美味しかった!


ランチの後はスパへ移動。ここからは写真NGです。
スパの受付を済ませてカウンセリングのようなことをしつつプログラムの説明を受けます。

前回行った時のことを書きましたが
タラサ志摩の思い出
当時は医師の問診により3〜4つほどプログラムを指示され、こちらの希望は通りませんでした。
今は3つのプログラムをセレクトした4種類のパッケージがあって、そのなかから好きなものを選ぶしくみになっています。

個人的には粧剤さえあればどこででもできるアルゴやファンゴよりも、設備がないと受けられないプログラムを受けたい。
マッサージバスやジェットプールも街中やジムで可能、そうなるとエアロゾル(これははずせない)とアフュージョンシャワー(ほんとはアフュージョンマッサージがいいんだけどこのパッケージではやってないみたい)とあとひとつどうしよう、リラクゼーションプールかな…と頭の中はめまぐるしく回転するも、この3つの組み合わせはない!
ていうかどのパッケージにもアルゴorファンゴが入っていて強制になっている!
むー、、、

あーだこーだと考えつつ
リラクゼーションプール
エアロゾル
アルゴ+ファンゴテラピー(オプションでミックスしてもらった)
のパッケージを選びました。

受けた順番に

* エアロゾル
前回受けたときこれだけで大風邪が突然治ったというわたしにとっての神的プログラム。
今回はそんなに具合が悪いわけではなかったので(なんたって前日アロマ&フィト&クレイセラピー満漢全席受けてるし!)、劇的に何かが変わったというのは感じられず。
でも日常生活でこんな環境下にいることはないので、ここならではということで良かったです。

* リラクゼーションプール
浮き棒の上に首と膝を乗せて浮き、ただただ脱力して水中を漂う。非常にリラックスでき、これも日常生活ではなかなかできない体験です。
ところが、担当の方からの脱力姿勢をとるための指示が一緒に受けた友人と違っていた(こちらは指示が足りていなかった)ことが後からわかり、実はベストの姿勢がとれていなかったのです!
うー、それが本当に心残りでなりません。

* アルゴ+ファンゴテラピー
よくあるものですが、今回はせっかくなのでミックスしてもらいました。
でもなんかミックスの効果がよくわからず…これはどっちか単体で良かったかも。

この3つ、全て異なる環境下でぼーっと寝るというものなのですね。
こんなこと普段はなかなかないので、貴重な体験でした。

身支度をすませた後は近鉄特急に乗って一路名古屋へ。
夕食はひつまぶしを予約しています!


時間の制約があり名古屋駅近辺で予約ができるところ、ということで「しら河 名駅店」へ。

ひつまぶしセットをいただきました。

昼は魚介フレンチ夜は地元のもの、今日一日食の面でも大満足でした!


アロマとハーブ=植物
クレイ=大地
タラソ=海
これらおおいなる自然の恵みをふんだんに享受し、堪能しつくした名古屋・伊勢志摩の旅でした。
複合効果は本当に素晴らしかった(シナジーってやつですね)。
なんと贅沢な2日間だったことか!

またこういう機会が訪れることを願って。

(おしまい)

名古屋・伊勢志摩 自然療法の旅 2

東京に戻って不在時のあれこれでバタバタしているうちに8月も終わり、そして急に秋の気配が…

なんだかすっかり昔のことに思えますが、「名古屋・伊勢志摩 自然療法の旅」の続きです。

名古屋・伊勢志摩 自然療法の旅 1


前日のアロマ&クレイ&ハーブの夢のコラボの翌日、観光特急しまかぜに乗って鳥羽へ向かいました。

乗車前にはモーニングメニューを食べにリヨンに並び観光を怠らず

ゆで卵が食べたかったのでトースト+ゆで卵のシンプルメニュー。
フレッシュなキウイジュースが絶妙な酸味でおいしかったー!

入線するしまかぜ(駅が屋内なので暗くて残念)。
人気だと聞いたので予約受付開始時間にスタンバイして確保しました。

乗車時にアテンダントに乗車証を見せて乗り込みます。

1人席です。
ふかふかの革張りシートに包まれる。

リクライニングはもちろん、なんと電動マッサージ機能付き!
(すぐ終了するので何度もボタン押さないといけませんが)

レッグレストも上がります。
快適な環境のなか1時間半、鳥羽への移動を楽しみました。

乗車証をいただきました。

小学生の頃、毎年夏に一族で志摩観光ホテルに滞在していたことがあり、思い返せばただただ遠い、いったいいつになったら着くのー、とひたすら耐え忍んでいたという印象が強かったのですが、もう大違い!

まあ当時は子どもだったからということもあるでしょうが、時代は変わり、快適な旅の環境が整えられていました。


今回の鳥羽行きの目的は、タラサ志摩の日帰りスパ&ランチプラン。
およそ25年ぶりのタラサ志摩です!

(初めて行った時の思い出はこちら)
タラサ志摩の思い出

前回は泊まりでしたが今回は泊まるスケジュールが確保できず、名古屋に泊まっているのだからちょうどいい、と日帰りプランにしました。

スパ→ランチの場合は11:00スタート、今回選択したランチ→スパの場合は14:00のスパスタートに合わせるためにランチは12:30に予約しています。
12:00鳥羽駅発の送迎バスに乗ってタラサ志摩へ。

道中の山道から見下ろす海の青がとてもきれい。
リゾート気分が盛り上がります。

30分ほどしてタラサ志摩に到着しましたー!!

(つづく)

名古屋・伊勢志摩 自然療法の旅 1

私用で名古屋に行くことになりました。初名古屋です。

せっかくの機会なので、用事だけではなく普段行けないようなところへ行ったりできないことをしたい!ということでプランを練った結果、名古屋では「アロマテラピールーム クレイドル」さんにお邪魔することになりました。

主宰の磯貝七重さんは、アロマセラピー、フィトテラピー、クレイテラピーを専門とされている方。
そう、どれもわたしの愛するセラピーばかりなのです!

特にフィトテラピーはわたしも学んだ末富仁先生の理論ということなので、施術でお願いしたいテクニックの数々が次々と思い浮かび、あれもやって欲しいこれもやって欲しいとあれこれリクエスト(笑)。

そして念願かなってアロマ、フィト、クレイをすべて盛り込んだボディ&フェイシャルのコースを受けることができました。
ひとつひとつの技術に意味があり、それぞれ相乗効果がありながら自然な流れで組み立てられたコースにただただ身を委ねるのみ。

施術後の写真、スッピンをで失礼いたします。

植物と大地の恵みを存分に受ける幸せ。
長年の夢が叶いました。

磯貝さん、どうもありがとうございました!


名古屋に来たということでコンパルのエビフライサンド。
(ホテルに充電中のiPhoneを忘れたのでガラケーで撮りました、意外と役に立つ笑)

ナナちゃんはワンダーウーマン仕様でした。

次の日は伊勢志摩です!
(つづく)

米ぬか粉石けんを求めて

2000年より石けん生活をおくっていますが、いろいろ試した結果洗濯には米ぬか粉石けんのライスターが気に入ってリピートしてきました。

高温でなくても利用しやすい、コスパも良い、定番商品でいつでも買える。
そして原料の米ぬかは国内でまかなえるということでCO2削減や環境保護につながり、産業廃棄物の加工利用という点でささやかな社会貢献ができるということも気に入って、長年愛用してきたのです。
自宅はもちろん、サロンで使用しているのもこれ。

今年の頭にライスターが石けん百貨で販売終了のためセールとなっているのを見て、え?と思いましたが、単に石けん百貨での取扱終了かリニューアル・リブランドなのだろうと勝手に考え、とりあえず在庫置けるスペース分だけまとめ買い。

最近また買い足そうとしたところ、なんとほとんどすべてのサイトでライスターが販売終了しているではありませんか!
なんでも製造元のボーソー油脂が製造を終了するためだとか。
なので同製造元の安心生活も終了、コープの米ぬか粉石けんも終了。

こ、これは石けん生活史上最大のピンチです!!!

あわててボーソー油脂のショッピングサイトでまだ販売しているボーソー75をまとめ買いしましたが、これ香料入りなんですよね…米ぬか、アルカリ助剤入、無香料と3つそろった石けんはもう手に入らないのでしょうか…

それと、ツテを頼ってパルシステムの水ばしょう(これもボーソー油脂)を購入してもらいましたが、在庫がまだあるのかそれとも同じ商品名なれど製造元が変更になっているのか?一か八かの賭けです。

米ぬかの固形石鹸はたくさんあるし、むしろ近年ブームにすらなってきているようなのに、粉石けんは何故…製造がビジネスに見合わないのでしょうか。
原料はあると思うのになー。

自宅の最後のライスターを使い切ってしまいました(サロン用はまだ在庫あり)。

今後何を使うか、ライスター使う前に使ってたものがいくつかありますがそれに戻るのか、それとも一から検証し直しか。
頭を悩ませております。