沖縄 スパ三昧の旅で思ったこと (2)

北部ではホテル オリオン モトブ リゾート&スパに宿泊しました。

全室オーシャンビューでお部屋は明るく広々。

美ら海水族館至近ということで宿泊先の候補になりましたが、なんといってもタラソスパがあるのが決めてでした。

オーシャンフロントのホテルでタラソテラピー。
なんという贅沢でしょう!

こちらのタラソスパ「ベル メール」は2014年開業ということで、去年訪れた1990年代開業のタラソテラピー施設に比べるとピカピカでキレイ、塩の侵食ってすごいんだな、と気づかされます。
調度品も今風でナチュラルシック。
(スパ施設内は撮影NGなので写真はありません)

「世界を忘れる海のリラクゼーション」というコースを選びました。
タラソプール→アルゴハマム→(大好きな)エアロゾルナッピング→スクラブ→アロママッサージ
という流れです。

プールは、泳ぐ目的一切排除でタラソテラピーのみに特化の必要最小限の大きさです。
ジェット水流を好きなだけ好きな箇所に当ててほぐします。

次のアルゴハマムは、スチームサウナの中で海藻パックをセルフで全身に塗り、塗った後はそのままリラックスして寝ちゃってもいいですよと言われましたが、座るところがタイル貼りなので海藻パックを塗った全身がつるつるすべってどのような姿勢を取ったら良いかわかりません。
残念ながらリラックスどころではなく、海藻パックを全身になんとなく塗り付けながらなでさするセルフマッサージもどきで時間を過ごしました。

その次は期待のエアロゾルナッピングです。
てっきりバスローブを来てタオルかけるのかと思いきや、裸でシーツにくるまれ保温のためにその上からビニールで包まれる、という慣れないスタイル。
シーツってひんやりとして苦手なんだよな…と思いつつくるまれます。さらにビニールで包まれるとなんだか蒸れて息苦しい、でもシーツは冷たい。
うーん、あまり好きな環境ではなく、大好きなエアロゾルでしたが眠れずに終わりました。
やっぱりわたしタオルが好きなんだわ…

そのあとは個室に案内されスクラブ→個室内に備え付けられたシャワーで流し→マッサージという至福の流れを堪能。
去年のタラソテラピー施設は穴空きヘッドレストじゃなくてマッサージ中非常に苦しかったのですが、こちらは穴空きヘッドレスト、しかもベッドがくりぬいてあるのではなく頭部に差し込むタイプ(これ重要)!
はい、旅の移動の疲れもありガーガー寝てしまいました。

クロージングがとてもリラックスできたので全体の印象は良かった、ただところどころあまり好きじゃない体感のところもあり(タイルとかシーツとか)、小さなことですがこちらはほとんど裸の状態で五感にモロに響くわけで、そういうことってとても気になるものだな、と改めて実感しました。

気になるところもありましたが、基本タラソテラピーは好きですし施設がなければ受けられないものなので、また時間をたっぷり取って出かけていきたいです。

海ってほんといいですよね。

投稿者:

minako

梶原 美奈子 (カジワラ ミナコ) 英国IFA認定アロマセラピスト / IFA正会員 英国CIBTAC認定国際ライセンス(スキントリートメント、with Honours) AEAJ認定アロマセラピスト AEAJ認定アロマテラピーインストラクター 東京都品川区、五反田・島津山のオーガニック・アロマセラピー & フィトエステティックサロンmaroon(マルーン)のセラピスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です