名古屋・伊勢志摩 自然療法の旅 3

前回からの続きです。

名古屋・伊勢志摩 自然療法の旅 2

名古屋・伊勢志摩 自然療法の旅 1


タラサ志摩に到着後受付へ。

いきなりアートにお出迎えされます。

タラサ志摩は現在アールビバンの傘下なのでラッセンばかりなのかと思ってましたがそんなことはなく、有名アーティストの作品が所々に配置されています。

これとか。


受付を済ませた後はランチを予約しているフレンチレストラン「ルミエール」へ向かいます。
お魚メインのヘルシーコースとのこと。

窓辺の席で素晴らしい景色を堪能しながらお食事がスタート。

あおさのパンが特に美味しかった!


ランチの後はスパへ移動。ここからは写真NGです。
スパの受付を済ませてカウンセリングのようなことをしつつプログラムの説明を受けます。

前回行った時のことを書きましたが
タラサ志摩の思い出
当時は医師の問診により3〜4つほどプログラムを指示され、こちらの希望は通りませんでした。
今は3つのプログラムをセレクトした4種類のパッケージがあって、そのなかから好きなものを選ぶしくみになっています。

個人的には粧剤さえあればどこででもできるアルゴやファンゴよりも、設備がないと受けられないプログラムを受けたい。
マッサージバスやジェットプールも街中やジムで可能、そうなるとエアロゾル(これははずせない)とアフュージョンシャワー(ほんとはアフュージョンマッサージがいいんだけどこのパッケージではやってないみたい)とあとひとつどうしよう、リラクゼーションプールかな…と頭の中はめまぐるしく回転するも、この3つの組み合わせはない!
ていうかどのパッケージにもアルゴorファンゴが入っていて強制になっている!
むー、、、

あーだこーだと考えつつ
リラクゼーションプール
エアロゾル
アルゴ+ファンゴテラピー(オプションでミックスしてもらった)
のパッケージを選びました。

受けた順番に

* エアロゾル
前回受けたときこれだけで大風邪が突然治ったというわたしにとっての神的プログラム。
今回はそんなに具合が悪いわけではなかったので(なんたって前日アロマ&フィト&クレイセラピー満漢全席受けてるし!)、劇的に何かが変わったというのは感じられず。
でも日常生活でこんな環境下にいることはないので、ここならではということで良かったです。

* リラクゼーションプール
浮き棒の上に首と膝を乗せて浮き、ただただ脱力して水中を漂う。非常にリラックスでき、これも日常生活ではなかなかできない体験です。
ところが、担当の方からの脱力姿勢をとるための指示が一緒に受けた友人と違っていた(こちらは指示が足りていなかった)ことが後からわかり、実はベストの姿勢がとれていなかったのです!
うー、それが本当に心残りでなりません。

* アルゴ+ファンゴテラピー
よくあるものですが、今回はせっかくなのでミックスしてもらいました。
でもなんかミックスの効果がよくわからず…これはどっちか単体で良かったかも。

この3つ、全て異なる環境下でぼーっと寝るというものなのですね。
こんなこと普段はなかなかないので、貴重な体験でした。

身支度をすませた後は近鉄特急に乗って一路名古屋へ。
夕食はひつまぶしを予約しています!


時間の制約があり名古屋駅近辺で予約ができるところ、ということで「しら河 名駅店」へ。

ひつまぶしセットをいただきました。

昼は魚介フレンチ夜は地元のもの、今日一日食の面でも大満足でした!


アロマとハーブ=植物
クレイ=大地
タラソ=海
これらおおいなる自然の恵みをふんだんに享受し、堪能しつくした名古屋・伊勢志摩の旅でした。
複合効果は本当に素晴らしかった(シナジーってやつですね)。
なんと贅沢な2日間だったことか!

またこういう機会が訪れることを願って。

(おしまい)

投稿者:

minako

梶原 美奈子 (カジワラ ミナコ) 英国IFA認定アロマセラピスト / IFA正会員 英国CIBTAC認定国際ライセンス(スキントリートメント、with Honours) AEAJ認定アロマセラピスト AEAJ認定アロマテラピーインストラクター 東京都品川区、五反田・島津山のオーガニック・アロマセラピー & フィトエステティックサロンmaroon(マルーン)のセラピスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です