CIBTACのディプロマ

cibtac

去年の10月末に受けた試験のディプロマが届きましたー!
先に年末に電話で合格とは聞いていましたが、やはりディプロマが来ないともしかして間違いでは?などと心配にもなるし。
ディプロマが届いて確かに合格したんだと実感することができました。

受験したのは英国にある国際資格認定機関CIBTAC(Confederation of International Beauty Therapy & Cosmetology)の「スキントリートメント」、機器を使わないフェイシャルトリートメントの試験です。

CIBTACの日本語サイト

CIBTACは英国の正式なセラピスト資格認定機関で、様々なニーズにきめ細かく対応した教育を提供しており、メークやネイルを始めとするビューティーセラピー、スパセラピー、スポーツセラピー、補完療法など多彩なキャリアをサポートしています。

と説明されていますが、CIBTACは英国のQCF( Qualifications and Credit Framework/資格・単位枠組)という制度にのっとって職業レベルを認定しています。
ま、イギリスでセラピストとして働くことはまずないと思うけど、万万が一機会があったらレジメに書けるというわけですね。


そもそもなんで資格を取ろうと思ったかというと。
これまでアロマセラピストとしてのトレーニングをベースに興味のあるメソッドやテクニックを都度習得し積み上げてきましたが、そういうメソッドやテクニックってエステティックがベースにあってエステティシャンの共通言語みたいなので成り立ってることがままあり、まったくわからないってわけではないんですが勉強しといたほうがいいというのは以前から感じていたんです。

で、単発のセミナーなんかだとあまり身に付かないのである程度の期間集中して学びたいと思い、資格を取るトレーニングならば目標設定できて自分に甘くもならないだろうということで、エステの資格、それもちゃんとしたプロフェッショナルな資格に挑戦することにしました。

そして次はどの資格にするかリサーチしていくのですが、ちょっと長くなっちゃったので資格選びについては次回書きたいと思います。

それにしても、このバッジ大きいですよねー、びっくりしました。

投稿者:

minako

梶原 美奈子 (カジワラ ミナコ) 英国IFA認定アロマセラピスト / IFA正会員 英国CIBTAC認定国際ライセンス(スキントリートメント、with Honours) AEAJ認定アロマセラピスト AEAJ認定アロマテラピーインストラクター 東京都品川区、五反田・島津山のオーガニック・アロマセラピー & フィトエステティックサロンmaroon(マルーン)のセラピスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください