ドミニック先生のワンデイセミナー

アロマフランスのドミニック先生の東京でのワンデイセミナーに急遽参加できることになり、行ってまいりました!

会場は大岡山のHERB STORYさん。

今日のワンデイセミナーはイエローイライトにフォーカス、実習はわたしにとっては初体験のエンヴェロップメントでした。

エンヴェロップメントについては文章で読んでいましたが、実際に見ることでこういうものなのか、と実感(もっとシャバシャバしているのかと思ってた)。ペーストとの使い方の違いもしっかりイメージできました。

掌に乗せて両手をすりあわせて伸ばしていき、手首から上の方まで伸ばせるだけ伸ばします。
クレイを触っているとやっぱり気持ち良い〜、この暑さだとひんやり感が特に。
(両手に塗りたくっているので写真は撮れず)
流した後は手と指が軽くなりました!

ってなんだかさらっと書いてますがクレイ独特の浄化された感はなんとも言葉にし難いのです。
鎧を脱ぎ捨てたというか覆われていたものが取り払われたというか。
他では得られない感覚、この感覚を知ってとりつかれたら、もう追求しないではいられなくなるのです…


セミナーの後はそばにある系列のカフェでランチ会。

3種類あったワンプレートランチのなかから豚肉のゴルゴンゾーラ煮込みを選びました。
ハーブを使ったお料理やお菓子がたくさん、お土産にラベンダーのショートブレッドとマルベリーのショートブレッドをテイクアウト。

先生に前から疑問に思っていたことが質問できたり、参加者の方たちとのお話も楽しく、有意義な午後のひとときでした。

東五反田にショコラトリー、LES CACAOS

サロンのすぐ近くにLES CACAOSというショコラトリーができました。

ピエール・マルコリーニのシェフ・パティシエだった方が独立されて構えたお店とのこと。
なぜこんなところに?!とびっくりしましたが、いつ前を通ってもお客さんでいっぱい、特にクリスマス前は大盛況でした。

八ツ山通りのライフの並び、ちょっと駅よりです。
以前でり坊(居酒屋の方)があったところ。

右はクラシックショコラ。

注文するとショーケースに入っているクラシックショコラ(この時点では焼きっぱなしを冷やしている状態)が奥の工房へ運ばれ、ショコラティエの方が粉糖をあしらった後持ってきてくれます。

どっしりねっとりかと思いきや想像より軽い食感で甘さも必要最小限、カカオそのものの風味をじっくりと味わえます。カカオの種類からか、ベリーっぽいニュアンスを感じました。
また、説明もついてますが、すり潰したカカオがプチプチした食感がちょっとしたアクセントになっています。

左は名前は失念しましたが、チョコクリームがはさんであるチョコビスケットです。

こう書くとなんか子どものお菓子みたいですが、こちらも甘さは必要最小限でカカオの苦みが効いた大人の味。

これ、すごく気に入ったのでリピートしようと買いに行ったらクリスマス前後は完売でした…また買いに行こう。

 

 

シュークリームもよく売り切れてます。
トップにあしらわれたザクザクのカカオが香ばしくてとっても美味しい。幸せ〜。

中はカカオの風味のカスタードクリーム、こちらもカカオのプチプチした食感が楽しめます。
ショコラトリーならではのシュークリームですね。

わたしはまだ買ってないんですが、もちろんショコラもたくさんあります。
Bean to Barも。

この後はバレンタインデーでまた大盛況となること必至、買えるチャンスをうかがいたいと思います。

皆様もサロンの帰り道にいかがですか?

LES CACAOS
http://www.les-cacaos.shop/

念願のグリルエフ

maroonを始めるずっと前から行きたい行きたいと思いつつ、なかなかタイミングが合わなくて行けずじまいだった五反田が誇る昭和25年創業の老舗洋食屋グリルエフ。

maroonを始めて五反田に頻繁に行くようになりましたがそれでもうまく時間が合わずに行けず…まぁいつでも行けるからいいやと思うとかえって後回しになったりするわけで。

それが、今日ランチ付きの人間ドックだったので検診終了後の11:00頃お昼を食べ、その後いっさい飲食できないある用事を済ませて帰りに五反田に着いたのが17:00過ぎ、猛烈にお腹がすいていてこの時間におやつめいたものを食べるのもちょっとなんだし、かと言って何を食べる?と思いをめぐらせたとき、はたと思いついたのです。そうだ、グリルエフに行こう!

前振りが長くて申し訳ありません(笑)、駅前ロータリーの小道を入ると、何度も横目に見た看板が。今日こそは入れる!

grill_f_1

初めてなので、大人気のハヤシライスをオーダーしました。

grill_f_2

尋常じゃないピンボケっぷりに、わたしの興奮ぶりがうかがえることと思います。

こぼれおちそうなハヤシソース。ソースとは言えタマネギどっさりお肉びっしりの具沢山で、汁気はあまりありません。
ドミグラスソースはほろ苦くて上品な大人の味、さらさらっとして粘度はほとんどありません。よくあるドミグラスソースの胸焼けしそうな油脂っぽさやトマトっぽさは皆無、うーむ、これは絶対自分では作れない!

今回は1人だったのでハヤシライスしか頼めませんでしたが、他にもビーフシチューやカニクリームコロッケ、カツレツ、ソテー等々、食べてみたいものがいっぱい。これは何人かで行っていろんなお料理をシェアしたいところです。
実際2人以上でいらしてた方々は皆さんシェアされてました。
そう、17:00台でテーブル席ほぼ満席っていうのもすごいですね。さすが大人気店。

時間的にかなり難易度高いですが、また機会をうかがってぜひ行きます!

緑濃き伊豆高原で食を満喫 2

緑濃き伊豆高原で食を満喫 1の続きです。


2日目。
ランチのお店はカタルーニャ料理のビストロくさむら。

kusamura_1

前日に続き、こちらも高原の中の一軒家で、個人の邸宅を改装されたような落ち着いたたたずまいです。

kusamura_3

木漏れ日が差し込む窓辺。

kusamura_2

ひとつひとつ選び抜かれた調度品、数は多いけど調和してひとつの空間を形作っています。

前菜ースープーメインーデザートのコースですが、

kusamura_4

室内にどーんと鎮座ましましているこちらに目を奪われ

kusamura_5

思わずハモン・セラーノを追加オーダー。

kusamura_6

前菜盛り合わせとあわせてこんなかんじ。お野菜は自家農園のものだとか。
パンも自家製で素朴な味わいでおいしい!
右側にちょろっと映り込んでいるのが夏みかんソーダ(自家製夏みかんシロップのソーダ割)、おいしかったので今年は夏みかんシロップ作ってみよう。

この後かぶ(これまた自家農園)のポタージュに続いてメインです。

メインはお肉とお魚から選べてこの日はお肉はたしか鹿(伊豆は鹿がいるんですよね)、お魚は地の魚介たっぷりのロメスコ、ロメスコはカタルーニャの郷土料理のソースで、こちらを使用した煮込み料理とのこと。この説明を聞けばここはやっぱりロメスコでしょう!

kusamura_7

食べでがある魚介どっさりで無口になる我々…当然ながら魚介の出汁が効いててとびきりのおいしさです。

畑で野菜がとれ山できのこや獣肉がとれ港に魚があがる、伊豆高原はすべて地のもので楽しめるというすばらしい土地ですね。そう、そしてフルーツも!

kusamura_8

デザートも本格的でまるで専任のパティシエがいるかのよう。厨房はシェフお一人のご様子だったのですがお一人ですべてまかなっているのでしょうか。

華美なラグジュアリーさや最先端のあれこれではなく、本質を追求し本当に良いもの・ことを提供したい、それも自分の目の届く規模で、というお店の思いを感じたような気がします。
わたしもそんな思いでサロンをやってますから!とひとり勝手に胸を熱くするのでした。

BISTROTquechamplà(ビストロくさむら)
http://josocnobuta.wix.com/bistrotquechampla1


大満足ランチの後は城ヶ崎へ足を伸ばしました。

jyogasaki_1

岩肌を波が洗いしぶきが上がります。海の色が濃い!

jyogasaki_2

jyogasaki_3

緑も鮮やかで、海とのコントラストがきれい。

お天気にも恵まれ、良い小旅行でした。

緑濃き伊豆高原で食を満喫 1

1泊2日で伊豆高原へ行ってきました。

今回は女友達とのんびりだらだらリラックス&リフレッシュが目的の旅。プラス、せっかくだから地元の美味しいものも食べたい、とホテルは素泊まりにして事前にお店をリサーチ、夜と翌日のお昼は予約をしておきました。
そしたら、どのお店も素晴らしく大正解!今後のためを思い、忘れないうちにこちらに記録しておきます。


ル・フィヤージュ

別荘地の奥にひっそりと佇むベーカリーカフェ…なんですが、ランチ終了時間ギリギリの14:00直前でも満席の大人気のお店です。イートインだけではなくパンを買っていくお客さんも多く、店内に置いてあるパンはどんどんなくなっていきます。
オーダーの行列に並んでいるうちにラッキーなことにテーブルが空いたので確保。

le-feuillage_1

木々に囲まれたガラス張りのテラスのイートインスペース。外にも席はありますが、なんとなくガラス越しに風景を見る方がのんびりできる気がして。

le-feuillage_2

ドリンク付きワンプレートランチです。パンはお料理に合わせて数種類添えられています(別のお料理を頼んだ友人は違うパンでした)。

le-feuillage_3

緑のなかでくつろぎながらお食事とお喋りを楽しみ、お店を後にしたらなんとパン終了で閉店とのこと。
間に合って良かったー。

ル・フィヤージュ
http://www.le-feuillage.com/index.htm


こうげん寿し

一瞬高原なのにお寿司?と思ってしまいますが、山の反対側はすぐ海なんですよね。伊東は漁港があるし。
こちらは地のものにこだわるお寿司屋さん、ということで「地魚にぎりセット」を予約しておきました。

kougensushi_1

地魚9カンのセットです。

kougensushi_2

お味噌汁がアラっぽい出汁が効いてて美味しかった。

kougensushi_3

もうちょっと食べたくなったので、セットに入っていなかった地魚からイズカサゴとクロムツと、

 

 

kougensushi_4 金目鯛の炙り(すごい脂がのっててとろけますがワサビで中和されてしつこくない、さすが本場のワサビ)と、

 

 

kougensushi_5 茶碗蒸しを追加オーダー。茶碗蒸し、海鮮具沢山でびっくり!

 

 

お腹いっぱいで大満足!
お昼と夜で趣向が変わったのも良かったです。

こちらのお店も出てみたら営業終了の札が。この日の分のネタがなくなってしまったのでしょうか。

こうげん寿し
http://www6.plala.or.jp/kougenzushi/index.html


ホテルに戻り食休みの後温泉→エンドレストークへと突入、しかし無理はせず眠くなったら寝る、ということでしっかり7時間睡眠をとり翌日朝の目覚めもすっきり。

この日はランチにスペイン・カタルーニャの郷土料理のレストランを予約しています。
伊豆高原でカタルーニャ?と思いましたが、海の幸にも山の幸にも恵まれたこの土地にはうってつけなのかも。
しっかり堪能したいので朝はヨーグルトのみでランチに備えます。

(つづく)