秋はジビエ

あっという間に11月です。
秋も深まり大好きなジビエの季節となりました。

11月は誕生月、友人がジビエを楽しめるお店を予約してくれましたー!
広尾の「マノワ」にて。

manoir_1

お酒を飲めないわたくしは、自家製ジンジャーエールからスタートです。

manoir_2

前菜 お魚料理 お肉料理 デザート、のプリフィックスコースです。
せっかくなのでジビエづくしでいこうと前菜は熟成鹿のテリーヌをチョイス。

お魚は金目鯛、あっさりしていてジビエとジビエの間にワンクッション入ってちょうど良い。

メインのお肉料理は、鹿のミンチのパイ包みや熊の煮込み、雷鳥のロースト等惹かれるものがたくさんあって迷いに迷うなか、お料理の説明をひとつひとつ丁寧にしていただきました。
そしたら、雷鳥は針葉樹を食べて育っているのでモミっぽい、松ヤニっぽい香りがするとのこと…な、何ですってー!!
森の香り大好き、松ヤニの香りフェチとしてはこれを選ばずに何を選ぶ!というわけで、スコットランド産雷鳥のローストに決定!

manoir_3

トッピングで見事に隠れていますが、手前が胸肉、右奥に見えるのが腿肉です。
胸肉は口に入れた最初はあっさりしていて後味に鴨のレバーペーストっぽいむっちりねっとりした風味を感じて味が変わっていくのが面白かった。
腿肉の方により松ヤニっぽさが出ると聞いていましたが、期待が大きすぎたのかそこまでではなかったです。後味にうっすら苦みを感じ、それが松ヤニというかジュニパーっぽかったかな。

食べたもので獣肉の味が決まる、ブドウの育った土でワインの味が決まる(by 友人)のは、植物の育った土で精油の香りが決まるのと同じですね。
良いレストランでのお食事はいつもそんなことに思いが巡ります。

デザートはリンゴのソテーとキャラメルムースのバニラアイス添え、ナッツがトッピングされていて実りの秋の味を堪能いたしました。

manoir_4

最後にバースデープレートが!
素敵なお祝いをどうもありがとう!

投稿者:

minako

梶原 美奈子 (カジワラ ミナコ) 英国IFA認定アロマセラピスト / IFA正会員 英国CIBTAC認定国際ライセンス(スキントリートメント、with Honours) AEAJ認定アロマセラピスト AEAJ認定アロマテラピーインストラクター 東京都品川区、五反田・島津山のオーガニック・アロマセラピー & フィトエステティックサロンmaroon(マルーン)のセラピスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください