ドミニック先生のワンデイセミナー

アロマフランスのドミニック先生の東京でのワンデイセミナーに急遽参加できることになり、行ってまいりました!

会場は大岡山のHERB STORYさん。

今日のワンデイセミナーはイエローイライトにフォーカス、実習はわたしにとっては初体験のエンヴェロップメントでした。

エンヴェロップメントについては文章で読んでいましたが、実際に見ることでこういうものなのか、と実感(もっとシャバシャバしているのかと思ってた)。ペーストとの使い方の違いもしっかりイメージできました。

掌に乗せて両手をすりあわせて伸ばしていき、手首から上の方まで伸ばせるだけ伸ばします。
クレイを触っているとやっぱり気持ち良い〜、この暑さだとひんやり感が特に。
(両手に塗りたくっているので写真は撮れず)
流した後は手と指が軽くなりました!

ってなんだかさらっと書いてますがクレイ独特の浄化された感はなんとも言葉にし難いのです。
鎧を脱ぎ捨てたというか覆われていたものが取り払われたというか。
他では得られない感覚、この感覚を知ってとりつかれたら、もう追求しないではいられなくなるのです…


セミナーの後はそばにある系列のカフェでランチ会。

3種類あったワンプレートランチのなかから豚肉のゴルゴンゾーラ煮込みを選びました。
ハーブを使ったお料理やお菓子がたくさん、お土産にラベンダーのショートブレッドとマルベリーのショートブレッドをテイクアウト。

先生に前から疑問に思っていたことが質問できたり、参加者の方たちとのお話も楽しく、有意義な午後のひとときでした。

ハーブ、クレイ、そして占星術

去年技術方面のトレーニングにフォーカスした反動というわけではありませんが、今年は前半から理論系のセミナーに多く足を運んでいます。

とくにディプロマ取得とかではなく、純粋に興味をもったテーマについてのセミナーに行ってるだけなんですが、要は今年は行きたいセミナーが目に留まる機会が多いというわけで。

分野としては概ねハーブ、クレイ、占星術でどれも以前からかじってるものですがこれまでは今ひとつ取り入れる形が見つけられず、特に占星術はとてつもなく広くて深い世界でどう手をつけていいかわからず立ちすくむばかりでした。
今年改めていろいろ学んでいくなかで、なんとなく自分の深めたい方向性が見えてきたかな、と手応えを感じています。

クレイに関しては、9月からまずはキャンペーンメニューとしてはじめます。
8月中にはキャンペーンのご紹介をいたしますので、ご期待ください。
占星術も取り入れたい形をもっとブラッシュアップしてなにかできないかと思案中です。

最近あんまりブログ書いてなかったうえに何食べたとか遊びに行ったとかばっかりでしたが、実は水面下でいろいろ考えていたのです。
特に意識はありませんでしたが、思えばここ数年はインプットの時期だったのかも。
今アウトプットへむけて機が熟しはじめているようにも感じます。
と書き残しておいて自分を叱咤激励する!

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

CIBTACのトレーニング

エステティックの資格に挑戦しようということで思い浮かんだのが、メジャーなところでは日本エステティック協会の認定エステティシャン、日本エステティック業協会の認定エステティシャン、国際資格ではCIDESCOやCIBTAC、ITEC、INFAなどでした。

ただこれらの資格、カリキュラムを見るとCIBTACとITEC以外は機器やネイル、脱毛なんかが含まれています。そのへんは必要ないと思ったので、マニュアルトリートメントに特化したCIBTACとITECで検討をすすめました。

この二つはどちらも英国に本部のある国際資格で、英国のホリスティックトリートメントがベースになっているのでIFAと親和性も高く、これまでの知識経験を活かせると思ったのもポイントです。
迷いに迷った末、今回は日本におけるエステティックのスタンダードにも触れてみたいと考え、日本エステティック協会の認定校でもあるタカラ・インターナショナル・エステティックカレッジのCIBTACコースに決めました。

エステの先生の凛とした厳しい指導は懐かしかったです。
わたしがIFAでお世話になった先生はエステの先生でもあり、厳しさに最初はびっくりしましたが、ビシビシ鍛えられたことがとても良かった、その厳しさを思い出しました。
そしてIFAトレーニング以来10年以上ぶりのナースウェアにナースシューズ。当時の白衣はすっかり黄ばんで着られなくなってしまったので今回新調しましたが、ネットの普及で今は当時とは比べ物にならないくらい手に入れやすい!選び放題!

実技試験はクレンジング〜肌質分析〜ディープクレンジング〜トリートメント〜マスクの一連の流れに加えて、眉毛のシェーピングとメイクも範囲に入ります。この二つは自分にはやっていても施すことは初めてなのでどちらも緊張しました(実はメイクけっこう好きかも、という発見も)。
また、マニュアルトリートメントの資格とは言ってもスチーマーやブラシクレンジング、拡大鏡等の最低限の機器の取扱もあります。

そして最大の難関は、実技試験中に口頭試問がおこなわれること!
いつも普段の施術中はその世界に没頭しているので、「肌質について説明しなさい」「今おこなっている手技について説明しなさい」なんて話しかけられると、もう頭が真っ白に。
普段なら何でもないことでも、施術しながら答える、それも本部からきた試験官に通訳が入るので通訳しやすいように、理路整然と文章的に破綻がないように、というのが本当に大変で、最後まで苦しみました。

IFAのときのように宿題としてカルテを自分で取ってくるということはなく、スクールでのクライアント実習だったので、終わったらすぐ指導=ダメ出しを受けられ、その場で質問・確認ができるという点は良かったです。

理論については、わたしは解剖生理学等IFAでカバーしている範囲は授業免除だったのですが筆記試験は免除ではなく普通に受けなければいけない=自分で勉強する必要があり、昔のノートや資料を引っ張りだしてきて復習、復習の日々でした。

というわけでいったいどうなることかと思いましたが、つつがなく試験終了、合格することができほっとしました。
「資格に挑戦」というのも久しぶりだったし振り返ってみればとても良い経験で、まぁ終わり良ければすべて良し、でした!

CIBTACのディプロマ

cibtac

去年の10月末に受けた試験のディプロマが届きましたー!
先に年末に電話で合格とは聞いていましたが、やはりディプロマが来ないともしかして間違いでは?などと心配にもなるし。
ディプロマが届いて確かに合格したんだと実感することができました。

受験したのは英国にある国際資格認定機関CIBTAC(Confederation of International Beauty Therapy & Cosmetology)の「スキントリートメント」、機器を使わないフェイシャルトリートメントの試験です。

CIBTACの日本語サイト

CIBTACは英国の正式なセラピスト資格認定機関で、様々なニーズにきめ細かく対応した教育を提供しており、メークやネイルを始めとするビューティーセラピー、スパセラピー、スポーツセラピー、補完療法など多彩なキャリアをサポートしています。

と説明されていますが、CIBTACは英国のQCF( Qualifications and Credit Framework/資格・単位枠組)という制度にのっとって職業レベルを認定しています。
ま、イギリスでセラピストとして働くことはまずないと思うけど、万万が一機会があったらレジメに書けるというわけですね。


そもそもなんで資格を取ろうと思ったかというと。
これまでアロマセラピストとしてのトレーニングをベースに興味のあるメソッドやテクニックを都度習得し積み上げてきましたが、そういうメソッドやテクニックってエステティックがベースにあってエステティシャンの共通言語みたいなので成り立ってることがままあり、まったくわからないってわけではないんですが勉強しといたほうがいいというのは以前から感じていたんです。

で、単発のセミナーなんかだとあまり身に付かないのである程度の期間集中して学びたいと思い、資格を取るトレーニングならば目標設定できて自分に甘くもならないだろうということで、エステの資格、それもちゃんとしたプロフェッショナルな資格に挑戦することにしました。

そして次はどの資格にするかリサーチしていくのですが、ちょっと長くなっちゃったので資格選びについては次回書きたいと思います。

それにしても、このバッジ大きいですよねー、びっくりしました。