食べること一覧

名古屋通いと食べ歩き

4月からクレイ技術と理論の総合的なブラッシュアップのため、茅ヶ崎と名古屋へ通っております。

茅ヶ崎でおこなわれた新技術「クレイリンパドレナージュ」のトレーニングがきっかけで、考案者の「アロマテラピールームクレイドル」磯貝七重先生のもとで改めてクレイをイチから学び直したいと思い、名古屋へ通うことにしたのです。

余談ですが、何を誰から学ぶかの選択眼って本当に重要で、ここで選択を誤ると遠回りしたり怪しい領域に足を踏み込んだり、となりかねないもの。自然療法ってトラップも多いのでね…
あと、プロフェッショナルとは言い難いケースも多々あったり。
ま、遠回りになったとしてもそれも良い経験と思えればいいですが、できれば時間とお金をムダにしたくないものです。

名古屋は基本日帰りでして、出張のおじさま達と一緒に早朝のぞみに乗り込んで着いたら名古屋名物のモーニング、というのがお決まりのコース。

コメダも今や東京にできてしまったので、地元の喫茶店的なところを選んで行ってます。

 

お昼はクレイドルの近くで。

北欧カフェ rajaviki

北欧っぽい!

これはミートボール丼だったかな。

せっかくだからケーキセットもいただきました。
ドリンクの「ルバーブ&アップル」という響きが魅惑的すぎて!ルバーブ大好き。
ケーキはたしかチーズケーキでリンゴンベリーが入ってたかと。
これも北欧っぽーい。

 

そしてこちらは人気のお店 THE RISCO
いつも並んでます。
このときは平日で、ランチタイムからはずれた時間だったので入れました。

ハンバーガーのお店です。

 

一回だけ一泊したときに夜行ったお店
(ここからは写真暗くてすみません)
SOUP CURRY ISHIBA

スパイスの複雑さが味わい深く、滋味豊かなおいしさ。

ここも大人気のお店で、わたしは早く行ったから運良くすんなり入れましたが基本行列が絶えませんでした。

名古屋通いも折り返しを過ぎ、あと数回で一区切りです。


現在新技術「クレイリンパドレナージュ」のコースを内々にご案内しています。
詳細は次のエントリーでお知らせします。


ドミニック先生のワンデイセミナー

アロマフランスのドミニック先生の東京でのワンデイセミナーに急遽参加できることになり、行ってまいりました!

会場は大岡山のHERB STORYさん。

今日のワンデイセミナーはイエローイライトにフォーカス、実習はわたしにとっては初体験のエンヴェロップメントでした。

エンヴェロップメントについては文章で読んでいましたが、実際に見ることでこういうものなのか、と実感(もっとシャバシャバしているのかと思ってた)。ペーストとの使い方の違いもしっかりイメージできました。

掌に乗せて両手をすりあわせて伸ばしていき、手首から上の方まで伸ばせるだけ伸ばします。
クレイを触っているとやっぱり気持ち良い〜、この暑さだとひんやり感が特に。
(両手に塗りたくっているので写真は撮れず)
流した後は手と指が軽くなりました!

ってなんだかさらっと書いてますがクレイ独特の浄化された感はなんとも言葉にし難いのです。
鎧を脱ぎ捨てたというか覆われていたものが取り払われたというか。
他では得られない感覚、この感覚を知ってとりつかれたら、もう追求しないではいられなくなるのです…


セミナーの後はそばにある系列のカフェでランチ会。

3種類あったワンプレートランチのなかから豚肉のゴルゴンゾーラ煮込みを選びました。
ハーブを使ったお料理やお菓子がたくさん、お土産にラベンダーのショートブレッドとマルベリーのショートブレッドをテイクアウト。

先生に前から疑問に思っていたことが質問できたり、参加者の方たちとのお話も楽しく、有意義な午後のひとときでした。


オーガニック & フェアトレードのチョコレート GEPA

ドイツのフェアトレードカンパニーGEPAのチョコレートが入荷しました。
GEPAのチョコレートのカカオは、ICOO(国際ココア機関)によって分類された、希少なファインフレーバーカカオのみ使用とのこと。
オーガニックかつフェアトレードのチョコレートです。

左からオーガニック ストロベリーホワイトチョコレート、オーガニック 塩キャラメルミルクチョコレート、オーガニック マスコバドホワイトチョコレート。
特におすすめのフレーバーをセレクトしてみました。

ストロベリーホワイトは、苺の甘酸っぱさにヨーグルトが加わったさわやかな味わい。

塩キャラメルミルクは、ミルクチョコにキャラメルのクリスプのクランチ感とアクセントの塩味が効いてたまらない美味しさ。

マスコバドホワイトは、ミネラル豊富なマスコバド糖のコクで風味豊か。

どれも美味しいですが、特にわたしが気に入っているのがマスコバドホワイト。
マスコバド糖は、糖蜜分離や精製を一切していない含蜜糖でミネラルたっぷり、フィリピンのネグロス島の特産品です。

ホワイトチョコですが、モスコバド糖の色で茶色味を帯びています。
深いコクとまろやかな甘みですが、黒砂糖のクセはなくあっさりした甘さです。
いくらでも食べられそうで危険…

原材料は
ココアバター、全粉乳、マスコバド糖、組成糖、バニラ香料
のみという、シンプルの極み!

試食用のご用意もありますので、ぜひお試しになってみてくださいね。


東五反田・島津山のアロマセラピー&フィトエステティックサロン maroon
http://maroon-aroma.com/


東五反田にショコラトリー、LES CACAOS

サロンのすぐ近くにLES CACAOSというショコラトリーができました。

ピエール・マルコリーニのシェフ・パティシエだった方が独立されて構えたお店とのこと。
なぜこんなところに?!とびっくりしましたが、いつ前を通ってもお客さんでいっぱい、特にクリスマス前は大盛況でした。

八ツ山通りのライフの並び、ちょっと駅よりです。
以前でり坊(居酒屋の方)があったところ。

右はクラシックショコラ。

注文するとショーケースに入っているクラシックショコラ(この時点では焼きっぱなしを冷やしている状態)が奥の工房へ運ばれ、ショコラティエの方が粉糖をあしらった後持ってきてくれます。

どっしりねっとりかと思いきや想像より軽い食感で甘さも必要最小限、カカオそのものの風味をじっくりと味わえます。カカオの種類からか、ベリーっぽいニュアンスを感じました。
また、説明もついてますが、すり潰したカカオがプチプチした食感がちょっとしたアクセントになっています。

左は名前は失念しましたが、チョコクリームがはさんであるチョコビスケットです。

こう書くとなんか子どものお菓子みたいですが、こちらも甘さは必要最小限でカカオの苦みが効いた大人の味。

これ、すごく気に入ったのでリピートしようと買いに行ったらクリスマス前後は完売でした…また買いに行こう。

 

 

シュークリームもよく売り切れてます。
トップにあしらわれたザクザクのカカオが香ばしくてとっても美味しい。幸せ〜。

中はカカオの風味のカスタードクリーム、こちらもカカオのプチプチした食感が楽しめます。
ショコラトリーならではのシュークリームですね。

わたしはまだ買ってないんですが、もちろんショコラもたくさんあります。
Bean to Barも。

この後はバレンタインデーでまた大盛況となること必至、買えるチャンスをうかがいたいと思います。

皆様もサロンの帰り道にいかがですか?

LES CACAOS
http://www.les-cacaos.shop/


念願のグリルエフ

maroonを始めるずっと前から行きたい行きたいと思いつつ、なかなかタイミングが合わなくて行けずじまいだった五反田が誇る昭和25年創業の老舗洋食屋グリルエフ。

maroonを始めて五反田に頻繁に行くようになりましたがそれでもうまく時間が合わずに行けず…まぁいつでも行けるからいいやと思うとかえって後回しになったりするわけで。

それが、今日ランチ付きの人間ドックだったので検診終了後の11:00頃お昼を食べ、その後いっさい飲食できないある用事を済ませて帰りに五反田に着いたのが17:00過ぎ、猛烈にお腹がすいていてこの時間におやつめいたものを食べるのもちょっとなんだし、かと言って何を食べる?と思いをめぐらせたとき、はたと思いついたのです。そうだ、グリルエフに行こう!

前振りが長くて申し訳ありません(笑)、駅前ロータリーの小道を入ると、何度も横目に見た看板が。今日こそは入れる!

grill_f_1

初めてなので、大人気のハヤシライスをオーダーしました。

grill_f_2

尋常じゃないピンボケっぷりに、わたしの興奮ぶりがうかがえることと思います。

こぼれおちそうなハヤシソース。ソースとは言えタマネギどっさりお肉びっしりの具沢山で、汁気はあまりありません。
ドミグラスソースはほろ苦くて上品な大人の味、さらさらっとして粘度はほとんどありません。よくあるドミグラスソースの胸焼けしそうな油脂っぽさやトマトっぽさは皆無、うーむ、これは絶対自分では作れない!

今回は1人だったのでハヤシライスしか頼めませんでしたが、他にもビーフシチューやカニクリームコロッケ、カツレツ、ソテー等々、食べてみたいものがいっぱい。これは何人かで行っていろんなお料理をシェアしたいところです。
実際2人以上でいらしてた方々は皆さんシェアされてました。
そう、17:00台でテーブル席ほぼ満席っていうのもすごいですね。さすが大人気店。

時間的にかなり難易度高いですが、また機会をうかがってぜひ行きます!